ギャンブル運を上げる!引き強になるための方法

ギャンブル運をアップさせるヒキを強くする方法を調べてみました。

勝負の場面に行く前と勝負中に分けて、引き強になるための方法をお伝えしたいと思います。

こちらの記事はギャンブル運をアップさせて、引き強になりたい方にオススメです。

Quote Inspiration Motivation Live  - geralt / Pixabay
geralt / Pixabay
目次

引きが強い人の特徴

  1. ポジティブ思考である
  2. 切り替えが早い
  3. 集中力がある
  4. 積極的
  5. 冷静さを保てる
  6. 事前準備がしっかりしている
すろにゃ

この要素を兼ね揃えられればOK

引用元:引きが強い人の特徴と共通点!強くなるためにすること

Maneki Neko Feng Shui Maneki Cat  - angelsover / Pixabay
angelsover / Pixabay

勝負に行く前

  1. 事前準備をしっかりする
  2. を引き寄せている
  3. 時間をあけてみる

事前準備をしっかりする

なんとなくのフィーリングで動くのではなく、過去のデータ傾向をしっかり探って自分の判断に裏付けが少しでもつけられると良いです。

すろにゃ

この台は2日間凹んでるから、そろそろくるかな
この台はずっと好調だから、流れ継続するかな

このわずかながらでも根拠があることで自分の判断に自信が持てます。

自信が持てるというのは自分の積極性冷静さを保つのに有効です。

冷静だからこそ、正確な判断ができるのでヤメ時引き際にミスが少なくなりまし、攻め時も嗅ぎ分けられるでしょう。

ラン

パチ屋のガヤガヤした環境は正常な判断力を奪うためでもあります

下準備を行うことで冷静な行動ができるようになるので無茶な投資にもブレーキが掛けられます。

今日をもし台選びで負けたとしてもまだ傷も浅いので再チャレンジすればよいのです。惜しいところまでは行っています。

運を引き寄せている

こちらもポジティブ思考、あるいは自分に自信が持てているかということになります。

あとは風水要素でしょうか。

  1. 部屋の掃除をする
  2. 運のいい人と付き合う
  3. 運動をする
  4. 待ち受け画像を変える(金色とか)
  5. 朝日を浴びる
  6. 寝室環境を整える
  7. キラキラしたものを身につける

私はの専門家ではないので、詳しくは下記をご参照下さい。

引用元:運がいい人はやっている!今日からできる運気アップ方法

時間をあけてみる

ここは諦めの境地にはなります。

ヒキヨワの時って例えばガンダムUCで言えばわざわざ確率の低いRushに入らない通常(40%)をガンガン引っ張ってきますよね。逆だったらどんなに強いか。

つまり普段取れない振り分けが取れているということで、ヒキが強すぎて結果が付いてこない状態になっていると考えます。バイオリズムがあるかはわかりませんが、こういう時は1週間、1ヶ月少し期間をあけてヒキがどうなるか様子を見てみるのも良いかと思います。

月ごとに収支を付けていると、ある時の大負けから連勝が止まって連敗が始まったりすることも見えてくるかと思います。

何かの流れが勝負に左右していますので流れを見て落ち着かせる、そのためにも時間が必要かなと思います。(投資を続けても勝てる気がしませんので)

すろにゃ

ここまでできれば準備はバッチリです

Gambling Contest Poker Happiness  - ThorstenF / Pixabay
ThorstenF / Pixabay

勝負中に引きを強くする方法

  1. イメージトレーニング
  2. 切り替えを早くする
  3. 打ち方を変えてみる(よそ見)

イメージトレーニング

スロットですと、「次のレバーオンで確定チェリーを引いて・・・」などポジティブなイメージをすることです。

“言霊”という言葉もありますが、想いが腕に宿り、良い結果をもたらしてくれるものと思います。

「あぁ・・・もうだめだ・・・」と絶望しながらでは運気は逃げてしまいます。

運気を引き寄せる強いメンタルで行きましょう。

切り替えについても同様です。

目の前の少し悪い結果にクヨクヨしていては次のチャンスが遠のいてしまいます。

自分に自信を持って勝負しましょう。

打ち方を変えてみる(よそ見)

今回私が1番言いたかったのはこれです。

例えば、いつも右手でレバーオンしてるけど流れを変えるために左手でやってみよう、とか。

調子が悪いときはをいつもと何かを変えてみるということです。

ランチに行って、時間を少し空けるというのも実践上流れが変わることが多いです。

SLOTギルティクラウンでヴォイドチャンスリバースに入れて絶好調の状態で( ・´ー・`)どやランチに行ったのですが、ランチから帰ってくると57ゲームもゲーム数が残っていたのに一気に駆け抜けてしまいました。ランチに行かなかったらこれは起こらなかったと思っています…

パチンコでも保留残ってて、当たらないと思ってトイレ行ったら戻ってきたら当たってた、とか割と聞くお話ではないでしょうか。

あと、「よそ見」って強くないですか?

ジャグラーでハマっていて、ふとよそ見してたら光った!とかフリーズした!と割とあるのではないでしょうか。

あの時のレバーオンって無心でやってるので無駄な力(当たれという邪念)がない理想的(?)なレバーオンが出来ている時ではないかと思うのです。

念じて当てるということもありますが、何も期待しないという逆のアプローチもありじゃないかと思います。

すろにゃ

これで以前よりも引き強になったはずです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!

コメント

コメントする

five × 3 =

目次
閉じる