ジャグラーの攻略法・打ち方・ぶどう抜き・設定判別・勝てる立ち回り

ジャグラーの攻略法・勝つ方法・打ち方・ぶどう抜き・設定判別・勝てる立ち回りをまとめました。

必勝法というものは存在しませんが、こちらはジャグラーの勝率を上げたい方向けの記事です。

勝つポイントはとにかく高設定を打つ&損をしないことです

ジャグラーはAタイプゆえ、スロットの基本のようなもので完全抽選で光れば当たりというとてもシンプルな作り。シンプルが故に奥が深い。人類を魅了する魅惑の光、GOGOランプ。

目次

攻略法・勝つ方法

ジャグラーを打つ上では光らせることも大切ですが、損をしないことも大切です。長く実践を続ける上でメダルの取りこぼしは積み重ねると大きな損になってきます。小さなお得を積み重ねて出玉につなげましょう。

打ち方・チェリー狙い

通常時は左リールチェリーを狙います。

ジャグラー 左リール チェリー狙い

黒いBAR図柄が割と見やすいので目押しが苦手な方はBAR図柄を狙うと良いかと思います。スロット初心者の方にも安心です。

中リール右リール適当押しでOKです。

打ち方・ピエロとベルは無視

ピエロベルも出現する場合は狙う必要があるのですが、出現率がとても低い(1/1092.27)です。

そのため毎ゲーム狙うのは体力的なコスパが悪いので特にカバーする必要はないかと思います。

先告知(先ペカ)で光ったら、中押し

先ペカの場合は中リールの7を狙うことで、単独ボーナスチェリー重複ボーナスの両方をカバーすることができます。

ボーナス当選契機を見極めることができますので、上級者におすすめの打ち方です。

ラン

ボーナス当選契機を把握したい理由は、設定差があるのでその判別に使うためです

すろにゃ

ジャグラーを10何年打ってきたけど、この手順初めて知ったわ

ラン

ナンテコッタイ

中リール上段 or 中段に7図柄を狙う

ジャグラー 先告知 中リールに7狙い

7の狙いが正確でないと

下段に7が停止 → 単独ボーナス確定

ジャグラー 中リール 下段に7停止

単独ボーナス確定なので、そのまま左リール右リールにも7を狙って揃えます

中段に7が停止 → チェリー重複ボーナス確定

ジャグラー 中リールに7図柄が中段に停止

左リールBAR図柄を目安にチェリーを狙ってチェリーを獲得します。

そして次ゲームに1枚がけぶどう抜きをしつつ、ボーナスを揃えます(後述)

ジャグラー 中リール チェリー重複時の打ち方

後告知で光ったら、1枚がけでぶどう抜き

ボーナス成立後にぶどうが成立した時に、ぶどうを狙って揃えてお得に14枚獲得しようという手順になります。
損はしませんので、ぜひ実行していきましょう。

すろにゃ

ジャグラーを10何年打ってきたけど、この手順初めて知ったわ

ラン

しっかりしろよオイ

中リール上段 or 中段に7図柄を狙う

ジャグラー 先告知 中リールに7狙い

枠上下段とかに押してしまうとぶどうをこぼす可能性がありますのでしっかり狙ってください

下段に7が停止 → 小役未成立 or リプレイ

ジャグラー 中リール 下段に7停止

左リール右リールにも7を狙ってボーナスを揃えに行きます。

リプレイの場合は再度、最初の手順に戻って中リール上段 or 中段に7を狙います。

上段に7が停止 → ぶどう濃厚

ジャグラー 中リール上段に7停止

ぶどうの成立が濃厚です。まれにチェリーの可能性があるのと、7図柄を避けたいので左リールにBAR図柄を狙います。

ジャグラー 中押しぶどう狙い 左リールも停止

右リール7図柄を避けてとめて、ぶどうを獲得します。おめでとうございます(+280円)

中段に7が停止 → ぶどう or ハズレ

ジャグラー 中リールに7停止

ぶどう or ハズレの可能性があります。左リール上段 or 枠上7図柄を狙います。

ジャグラー 中リールに7停止 左リールに7狙い

左リール上段に7停止 → ぶどう確定

ジャグラー 中リールに7停止 左リール上段に7停止

この形はぶどう確定です。右リールは7図柄を避けて停止させます。

ボーナス図柄を避けて目押しする方法
右リールですと、7図柄とBAR図柄の塊がありますので早めに押すか、塊が通り過ぎて押すのがよいかと思います。

左リール中段に7停止

ジャグラー 中段7テンパイ

7の中段テンパイはぶどうは成立していませんので、そのまま7を狙ってボーナスを揃えに行きます。

左リール下段に7停止

ジャグラー 右上がり7テンパイ

こちらもぶどうは成立していませんので、そのまま7を狙ってボーナスを揃えに行きます。

中リール下段に7停止

ジャグラー 中リールに7停止

この場合はリプレイかハズレですので、そのまま7を狙ってボーナスを揃えに行きます。

動画で確認したい場合はこちらをどうぞ。

設定判別

ジャグラーで勝つ上で1番重要なのは高設定に長く座ることです。低設定の場合は見切りを早くつけ、高設定をひたすら打って期待値を積み上げることになります。

低設定でも短いスパンで見ればヒキ次第でジャグ連は起きますし、高設定でもハマる時はハマります。長いスパンで見るとやはり設定通りの出方をする可能性が高いので設定を意識するのがやはり大切になってきます。

設定判別としてはREG確率ボーナス合算確率ぶどう確率チェリー重複ボーナスの4つを見ていくのが良いです。小役カウント面倒だという方はボナ確率だけでもOKです。

マイジャグシリーズを例に紹介していきます。

REG確率

マイジャグシリーズの機械割
©期待値見える化

BIG確率も設定差はあるのですが、REG確率に大きな設定差があります。

REG確率が1/240~1/277あたりの台だと高設定の可能性があります。

ボーナス合算確率

ボーナス合算確率ですと、高設定の目安は約1/130あたりですね。

ぶどう確率

マイジャグ ぶどう確率
©期待値見える化

小役のぶどう確率に設定差が設けられており、高設定の目安は約1/6.1以内です。100G、200Gなど短い試行回数では当てにならないので、何千ゲームなどしっかり回した上でボーナス合算確率と合わせて判断材料とするのが良さそうです。

角チェリー重複ボーナス確率

マイジャグ チェリー重複ボーナス確率

チェリーとの同時当選のボーナス確率にも設定差が付いていますので、先ペカの場合は中押しや左押しにて当選契機を明確にしておきたいところです。

勝てる立ち回り

朝一

店選び

ジャグラーを大事に使っているホールさんを見つけてそのお店で打つことが重要です。大事に使っているかどうかですが、出玉客付き店内のPOPなどでの煽り方などで見えてくるかと思います。

朝一の入場でどれぐらいのお客さんがジャグラーに向かっているか
→設定状況に期待している人の多さ(抽選番号の悪い人が仕方なく座っているような状況は良くない)

カチカチ君を使っている人がいるか
→ジャグラーのガチ勢も通うジャグラー優良店の可能性

ガックンチェック

リセット後の1ゲーム目はリールがスムーズに回らず、少し引っかかるような動きになる事があります。このガックンの有無によってリセットされているか、いないかの参考になります。

ただし、朝一7揃いにされていたり、店員さんが1G回していたりするとガックンチェックは効きませんのでご注意ください。

BGM変化

ジャグラーではボーナス終了後の11G、22G、33G、44G、55G、66G、77G、88G、99Gなどのゾロ目のゲーム数でボーナスに当選するとボーナス中はいつもの音楽じゃなくて「ベートーベンの運命」など変わった音楽が流れます。

設定変更の場合はBGMの変化条件もリセットされますので、100G以内にゾロ目のゲーム数でボーナスを引いても楽曲変化しません。

すなわち下記のことがわかります。

朝一BIGに当選して音楽が変わった → 据え置き濃厚

前日のゲーム数と今日のゲーム数を合計するとゾロ目でBIG当選して音楽が変わった → 据え置き濃厚

前日のゲーム数と今日のゲーム数を合計するとゾロ目でBIG当選して音楽が変らない → リセットの可能性

すろにゃ

朝一の楽曲変化に注目です

ゲーム数の狙い目

朝一から打つ場合は私は140回転(高設定の合成確率ぐらい)ぐらいまで様子をみるようにしています。ここまでに1回も光らない場合はやめることもあります。強い日や優良店で設定状況に期待ができる場合は500回転などもっと回します。

朝一絶好調

朝一にBIGがジャグ連して絶好調な時もあるかと思います。その時にREGぶどうが付いてこない場合は単なる引き強の可能性がありますので、ヤメも視野に入れて立ち回ることで低設定を回避できる可能性があります。(高設定を逃す可能性もある)

ジャグラーが打てるのは今日だけではないので、欲張らず利益を確定させるのも大事です。

すろにゃ

やめ時が難しいからこそジャグラーの奥深さ、難しさがあるのだと思っています

昼過ぎ

稼働がある程度落ち着いているお店の場合は、BIG1,REG2とかで落ちている台もあるかと思います。

私が昼過ぎから狙う場合は、REG確率が良いものを狙うようにしています。

まだBIGが付いてきていなくて、そこからBIGがジャグ連したらいいなぐらいの気持ちです。

逆にBIG4、REG0みたいな台は打ちません

夜から

ある程度回転数が付いてくると設定の高低がボーナス確率から見えてきますので、上記の設定判別の通りボーナス合成確率1/130ぐらいになっている台を打つようにしています。やはりREG確率が重要です。

なかなかそういう台は落ちていないですし、もし落ちていたら前任者はわかっていて何かしらの理由(ぶどう確率が悪い)でやめているので深追いはしないように気をつけています。

極端なバケ先行

BIG3REG10みたいな台もたまにありますが、オカルトチックですがああいった台は打たないようにしています。

合算が良くてもその後もREGに偏ってグズグズな展開になる場合が経験的に多いです。

急にハマる

設定6を1日シミュレートなどしてみるとわかりますが、設定6でも600ハマりといった急な大きなハマりはどうしてもやってくるものです。

我慢のしどころですが、設定の期待状況と合わせながら続行するか考えていきましょう。

ジャグ連

100G以内の当たりをジャグ連と呼んでいますが、高設定ですとボーナス合成確率は約1/130なので100G以内の当たりも必然と多くなってきます。

ジャグ連が多く起きている台は高設定の可能性がアップします。

低設定で騙されることが多々ありますので、やめ時に注意
→逆に言えば低設定でも短いスパンなら勝てる

オカルト

当たりやすい打ち方

そんなものはありません。あるとしたらゴト行為になります。

当たりやすい回転数

完全確率なのでそんなものはないのですが、体感的に200G以内のイメージはあります。

1000円で光る方法

そんなものはありませんので、もしあったら教えて下さい。

強制ペカ・ペカリ打法

そんなものはありませんので、もしあったら教えて下さい。有料で販売している場合は詐欺です。

必ず光る方法

そんなものはありませんので、もしあったら教えて下さい。有料で販売している場合は詐欺です。

あるとすれば光るまで打つことです(財布が終わる)

連チャン打法

そんなものはありませんので、もしあったら教えて下さい。有料で販売している場合は詐欺です。

まとめ

高設定を狙って打って、打つ時の損を減らしましょうという記事でした。ここまで読んで頂きありがとうございました。

良いジャグライフをお過ごしください🤡🍇🦏🐯🔔🐿️

光っているGOGOランプ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!

コメント

コメントする

5 − 3 =

目次
閉じる